--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常。

2011年03月22日 13:14

地震災害により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、
被災された皆さまに、心からお見舞いを申し上げます。



3月11日、我が家も今までに体験したことのない大きな揺れを感じました。
それまでグズグズしていた娘も異変を感じたのか
おとなしく私にくっついたまま。
立っているのがやっとで、扉が開いてガシャガシャと落ちていく食器の音、
どんどん激しくなる揺れに娘をギュっとするのが精いっぱい。
そんな揺れの中、旦那様からの電話が奇跡的に鳴り、
動揺が少し和らぎ、テーブルの下にもぐりこみました。

食器が割れたりしたものの、幸い家族は全員無事でしたが
断水に、停電、、転勤先の土地には頼れる人もおらず
私と娘二人少しの間、実家のある福岡へ帰省することになりました。

本来ならばこんな時こそ、家族3人力を合わせて乗り切りたい思いが募る中、
帰省した後も残してきた旦那様が心配でなりません。
少しずつ平常な生活を取り戻しつつあるようですが
命がけで復旧作業を行ってくださっている方々や、
色々なニュースを見る度に心が締め付けられます。



原発の消火活動に当たったハイパーレスキュー隊の方の会見での言葉が忘れられません。
「大変だったのは」と問われ「残された家族」・・。

日本中で同じように待っている家族のためにも、
1日も早く元気な日本を取り戻せますように。



いち主婦が出来る事は些細なことしかありませんが
節電だったり、募金だったり、
ちりも積もれば山となるで、私たちが出来る事をやっていければと思います。

我が家の姫は寝ない赤ちゃん(><) なんて悩んだり出来る日常がどんなに幸せなことか。
何気ない日常の幸せを痛いほど感じました。
そして私たちのライフラインがどれほどの危険の上になりたっていたものなのかも・・。



お父さん

先日、百日のお祝いを迎えた我が家の姫。
3連休、福岡までかけつけてくれたお父さんのシャツをしっかりと握りしめています。

昨日までしなかったことを今日突然してみたり、
本当に1日1日が発見の連続。
昨日の娘とは違う娘を毎日見る事ができます。
そんな娘の成長を旦那様と一緒に見届けられないことが何よりも申し訳なくて。

こちらからでもできること、今はしっかりやっていこうと思います。
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eomot.blog48.fc2.com/tb.php/192-9141765d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。